キャッシングの返済術、余裕が有るときは大きく返そう



キャッシングをしようと思ったら、返済のことも計画しておかなければ行けません。

キャッシングの返済額は低く設定しておくと月々の返済が楽です。

しかし、確かに楽ですが、それだけ借りる期間が長くなり、支払う金利も増えてしまいます。
これではもったいないですね。

キャッシングの返済は無理をしない範囲で多めに設定するのが理想です。

あくまでも無理をしないということが大切です。

リボ払いの場合、支払い期限までのいつ返済してもOKですし、金額も設定金額以上なら多く支払う事も出来ますので、毎月の返済額は少し押さえ気味にしておき、余裕があるときには多く返済することも可能です。

反対に、無理な返済額を設定してしまい、返済の期限日までに支払えなかった場合は少々困った事になります。

返済を延滞したという記録が、その人の個人信用情報に登録されてしまい、

次回、他社でキャッシングをしようとした場合や、キャッシングの額を途中で多くしたいと思った時に延滞の事実が審査の妨げになる可能性があるのです。

信用を落としてしまいますので、延滞だけは決してしないようにしましょう。

キャッシングの返済は、無理の無い範囲で多めに設定。これを心がけましょう。



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ